目の下のたるみ取り

目の下のクマが綺麗な女性のイメージ

目の下にあるたるみが目立つと「老けて見える」「活気がないように見える」など、第一印象が大きく左右されます。
しかしメイクでのカバーが難しく「たるみをどうにかしたい」と悩んではいないでしょうか。
そのような悩みをお持ちであるなら、eクリニックでの目の下のたるみ取り治療がおすすめです。

目の下の脂肪を除去して綺麗に注入し直す治療が他のクリニックでは多いように感じますが、eクリニック 那覇院では沖縄の皆様に喜んでいただけるよう、裏ハムラ法も積極的に取り入れてます。裏ハムラ法は脂肪を採取する必要が全くなく、脂肪が定着するかしないかという運要素がほとんどありません。
脂肪移植でたくさん注入すると、笑った時に目の下に膨らみができる事があります。芸能人などにもよく見られます。移植脂肪は元の脂肪より硬くなるので、眼輪筋の動きについていけずそこだけぽこっと膨れてしまい、目の下の脂肪移植独特の変化が出ます。
裏ハムラ法でできるだけ自然に改善して、どうしても脂肪再配置で足りない所を脂肪注入で補うのが1番綺麗な症例になることが多いです。
eクリニックでは目の下のたるみと取りやふくらみ取りにお一人お一人に合わせてあらゆる術式で対応しています。

dark circles

eクリニックの目の下のたるみ取り

【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
【標準的な価格】当ページの下記参照

目の下のたるみはなぜできるのか医学的に要因が分かっており、解決のためにアプローチできるのが目の下のたるみ取り治療です。
目の下のたるみ取りには「若々しく見える」「元気に見える」といったメリットがあり、第一印象が変わります。

eクリニックの目の下のたるみ取りは、施術を受けられる方の目の下のたるみの状態やご希望をお伺いしながら、専門医が適切な施術法を提案しております。
在籍している医師は膨大な実績と高い技術力を誇っており、きめ細やかなアフターフォローも行っておりますので、初めて施術を受けられる方でもご安心ください。

経結膜脱脂(目の下の切らないたるみ取り)

経結膜脱脂の図解

脱脂は皮膚を切らない目の下のたるみ取り治療で、下まぶたの結膜(あっかんべをしたときに見える部位)を切り、脂肪を取り除く方法です。表に傷跡が見えないため、目の下の切らないたるみ取りともいわれています。

目の下のクマの症例写真
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
【標準的な価格】当ページの下記参照

本来下まぶたの脂肪は隔膜という膜に覆われているのですが、年齢を重ねるとともに膜がゆるみ、下まぶたの脂肪が膜から出てくることがあります。
隔膜から出た脂肪により目の下がぽこっと出てしまうため、目の下のたるみになってしまうのです。
一般的には美容整形の施術後、腫れや内出血が起きるダウンタイムがありますが、脱脂は皮膚を切らないため術後の腫れが少なくダウンタイムが短いのが特徴です。

脂肪注入

目の下のクマの症例写真
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
【標準的な価格】当ページの下記参照

脂肪注入は目の下に脂肪の膨らみがなく、凹んだ状態の目の下のたるみがある人に適した治療方法であり、目の下に直接脂肪を注入してボリュームをもたせることでクマを改善します。
また経結膜脱脂をした後、目の下のくぼみが目立つ場合や脂肪注入をしたほうが自然な仕上がりになる場合にも行います。
注入する脂肪は施術を受けるご本人様の脂肪を用いるため、身体に合わずアレルギーを引き起こすという心配はありません。
脂肪を採取する部位は下腹部、または太ももから注射器のような医療機器で採取します。

ハムラ

ハムラ法は下まつ毛の生えぎわ部分の皮膚を切開し、目の下にある眼窩脂肪をくぼんでいる箇所へ移動する治療方法です。
目の下の脂肪の突出とくぼみを同時に解決でき、自然な仕上がりになるのが特徴です。
加えてクマの膨らみが大きい方や余分な脂肪が気になる方は、同時に皮膚切除も行えますので、たるみの解消も可能です。
年齢を重ねても脂肪の位置はキープでき、脂肪の突出によるクマが再発しづらいメリットがあります。

裏ハムラ法

目の下のクマの症例写真
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
【標準的な価格】当ページの下記参照

裏ハムラ法は下まぶたの裏側にある結膜を切開し、眼窩脂肪を目の下のくぼみに移動させる施術法です。
ハムラ法と同様、目の下の脂肪の突出とくぼみを同時に解決でき、自然な仕上がりになるのが特徴です。
ハムラ法との違いは皮膚を切開しないため見える傷が残らず、皮膚の切除は行わないためたるみの解消はできません。
また皮膚を切開するハムラ法と比較すると、ダウンタイムが短いことが特徴です。

皮膚切開

皮膚切開は下まつげの下を切開し、余分な脂肪と皮膚を除去する目の下のたるみ取りの治療法です。
皮膚の裏にある眼輪筋という筋肉を斜め上に引っ張って固定するため、たるみの改善にも効果的です。
顔全体にたるみがあり、たるみによるクマが強く出ている場合に有効な治療法になります。
たるみが改善することで目元のシワの改善も期待できます。

こめかみリフト

こめかみリフトはこめかみのやや上あたり、髪の毛が生えている部分を4〜6cm切開し、皮膚と皮膚の中にあるたるんだ筋肉を引き上げる治療法です。
たるみによるクマに有効的であり、目元のシワの改善も期待できます。
また目元以外にも、小鼻の付け根から頬の上部のあたりのたるみにも効果的なため、顔全体のたるみにお悩みの方におすすめできる治療法です。
切開した傷口は髪の毛で隠すことができるため、目立つことはありません。

Menu

あらゆる目の下のたるみ取り治療から最適な治療を提案します

【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
【標準的な価格】当ページの下記参照

eクリニックは世に存在してる目の下のたるみ取り治療がすべて行えますので、ひとつの術式に固執せず、施術を受ける方の状態に合わせて最適な術式を提案できます。
経験が豊富で高い技術力を誇る専門医が在籍しており、実績のある医師が診断から執刀まで行います。
丁寧なカウンセリングからきめ細やかなアフターフォローも行っておりますので、納得のいく目の下のたるみ取り治療が実現可能です。
目の下のたるに悩まれている方は気軽にご相談ください。

Merit

それぞれの治療のメリット

それぞれの目の下のたるみ取り治療のメリットとデメリットを紹介します。
メリットとデメリットを知っておくことで、後悔しない目の下のたるみ取り治療が選択できますので、ぜひお読みください。

経結膜脱脂

目の下のクマの症例写真
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
【標準的な価格】当ページの下記参照

経結膜脱脂は下まぶたの結膜(あっかんべをしたときに見える部位)を切開し、眼窩脂肪を取り除く方法です。除去する眼窩脂肪の量を誤ると、目元に不自然なくぼみやでっぱりが生まれてしまうので、慎重な作業が求められる施術です。傷跡も表に出ないため、他人にバレる事はないため、人気の施術となっています。
経結膜脱脂のメリットは、他の目の下のたるみ取り治療と比較して安くできるため、手の届きやすい治療法であることも特徴です。なるべく左右差がでないように丁寧に行っています。

脂肪注入

目の下のクマの症例写真
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
【標準的な価格】当ページの下記参照

脂肪注入のメリットは、目の下に脂肪を注入することで凹みの改善ができるため、目の下の脂肪不足が要因による目の下のたるみが改善できることです。
またクマには目の下のボリューム不足による黒クマ、紫外線のダメージや摩擦による色素沈着による茶クマ、血行不良による青クマがありますが、脂肪注入はどのクマの色味も改善できるメリットがあります。

リガメントとは

リガメントとは日本語では「腱鞘(けんしょう)」を意味し、骨と表情筋をつなぐもので、例えると貝殻と貝の身をつないでいる貝柱のような繊維状の束のことです。
加齢によりリガメントの血流が悪くなり弾力性が低下すると、皮膚を引き上げる力がなくなるため、ハリのない顔になってしまいます。
眼窩脂肪を支えているリガメントが弱まると、両目の下がたるんでクマになり、目頭から頬にかけてのハの字のラインが目立つようになります。

ハムラ法

ハムラ法のメリットは下まつ毛の生えぎわ部分の皮膚を切開し、現在目の下にある眼窩脂肪をくぼんでいる箇所へ移動する治療法で自然に仕上がるため、安定した結果を得られることです。
施術の際は眼窩脂肪を支えていたリガメントを剥がしながら脂肪を移動するため、加齢により弾力性が低下したリガメントと再癒着することがありません。
その結果、リガメントが要因で出現していたたるみやクマの改善にも効果的です。
同時に皮膚切除も行えますので、クマが大きくたるみが気になる場合は、たるみの解消も可能です。
また脂肪注入をすることなく目の下の凹みが改善するため、脂肪の採取や注入といった身体への負担がかかりません。

裏ハムラ法

目の下のクマの症例写真
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
【標準的な価格】当ページの下記参照

裏ハムラ法は下まぶたの裏側にある結膜を切開し、眼窩脂肪を目の下のくぼみに移動させる施術法のため、傷が見えないメリットがあります。
ハムラ法と同様で自然な仕上がりになり、施術の際はリガメントを剥がしながら脂肪を移動するため、リガメントが要因であったたるみやクマの改善もできます。
ハムラ法は涙袋の形に影響を及ぼす恐れがありましたが、裏ハムラ法は涙袋に触れない施術のためそのような心配はありません。
またハムラ法と比較すると施術後のダウンタイムが短い傾向にあります。

施術できる術者(医師)が限られているので、どのクリニックでも受けられる訳ではありません。eクリニックでは裏ハムラの技術が上がるよう医師同士が日々症例を出し合い技術力を高めています。
裏ハムラ法はナチュラルな変化をするので、内出血などのデメリットを除けば基本的にないのですが、脂肪除去+脂肪注入の方がうまくいけば綺麗になる事があります。

皮膚切開

皮膚切開は下まつげの下を切開し、目の下のたるみの要因となっている眼窩脂肪と皮膚を切除、皮膚の裏にある眼輪筋という筋肉を斜め上に引っ張って固定するため、たるみだけでなくクマの改善もできるメリットがあります。
目元のたるみが改善することで、目元のハリにも効果的です。

こめかみリフト

こめかみリフトは皮膚と皮膚の中にあるたるんだ筋肉を引き上げる治療法のため、目の下のたるみ取りの治療だけでなく目元のシワ、眉や目尻の垂れ下がり、頬(小鼻の付け根から頬の上部のあたり)のたるみが改善できるメリットがあります。
また切開する部分はこめかみの上、髪の毛で隠れる部分のため傷口が目立たないのもメリットです。

Price

料金表(目の下のたるみ取り)

目の下のたるみ取り
(非切開による脂肪除去)
キャンペーン価格 ¥88,000(税込)
モニター価格 ¥76,780(税込)
目の下のたるみ取り
(脂肪除去+皮膚切除)
キャンペーン価格 ¥154,000(税込)
モニター価格 ¥109,780(税込)
目の下のたるみ取り
(皮膚切除のみ)
キャンペーン価格 ¥88,000(税込)
モニター価格 ¥76,780(税込)
目の下のたるみ取り
+目の下ゴルゴ脂肪注入オプション
キャンペーン価格 ¥209,000(税込)
モニター価格 ¥164,780(税込)
裏ハムラ法キャンペーン価格 ¥286,000(税込)
モニター価格 ¥219,780(税込)
ハムラ法キャンペーン価格 ¥286,000(税込)
モニター価格 ¥219,780(税込)
こめかみリフトキャンペーン価格 ¥308,000(税込)
モニター価格 ¥217,800(税込)

Doctor 沖縄の皆様へ。このページの監修医について

円戸統括院長

円戸 望 Nozomi Endo

e clinic 統括院長

経歴

略歴

  • 富山大学医学部医学科卒
  • 高岡市民病院(形成外科・麻酔科・皮膚科)
  • Fort Wayne Parkview 病院
  • 厚生連高岡病院
  • 金沢医科大学付属病院
  • 湘南美容クリニック新宿本院
  • 湘南美容クリニック新宿南口院
  • 湘南美容クリニック新潟院 院長就任
  • 湘南美容クリニック金沢院 院長就任
  • 2020年eクリニック金沢院開院
  • 大手美容クリニック修正手術技術指導医
  • 2021年eスキンクリニック開院
  • 2022年富山院開院
  • 2023年まぶたのクリニック開院(保険診療)
  • 2023年大阪院、東京院、名古屋院、岡山院、福岡院、那覇院、横浜みなとみらい院開院

無料カウンセリングのご予約はこちら