糸リフト

糸リフトを受けた女性

About

糸リフトとは

【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

糸リフト(スレッドリフト)とは、医療用の特殊な糸を使い、たるんだ皮膚や皮下組織などを持ち上げてリフトアップすることができる美容施術です。
特殊な糸を皮膚の下に挿入し、その糸を引っ張って組織を引き上げていくようなイメージです。
糸の引き上げ効果によって、たるんだ皮膚がグッともちあがり、肌の引き締めと若返りを実現することができます。
加えて、糸を挿入することで、皮下組織に存在する線維芽細胞が活性化し、コラーゲンやエラスチンなどの生成が促されるため、肌ハリ効果も期待できます。
また、糸リフトは切らないフェイスリフトとも呼ばれており、メスを使用せず(切開をせず)にリフトアップが可能です。
そのため、メスを使用する手術に比べてダウンタイムが少なく、比較的手軽に自然な見た目を実現できるため、非常に人気のリフトアップ施術です。

糸リフトのLINEバナー

人気の糸リフトのご予約はコチラから⇒

糸リフトのメリット

糸リフトの施術前と1週間後と1か月後の経過の症例写真
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

糸リフトの大きな魅力は、その手軽さと体への負担の小ささにあります。
メスを使用する従来のリフトアップ手術では、大きな効果が期待できる一方、長いダウンタイムや術後の傷跡などの課題がありました。
しかし、糸リフトであれば、短時間の施術時間(30分から1時間程度)で、施術後すぐに帰宅していただくことができるのはもちろん、翌日からも普通にメイクをして通勤することも可能です。
つっぱり感や違和感、挿入部位の小さなキズ(注射の跡のような傷)、内出血などが残ることもありますが、多くの場合メイクでカバーすることができるレベルであり、施術が他人にバレてしまうという心配はほとんどありません。
また、糸リフトは即効性があり、糸の挿入後からすぐにリフトアップ効果を実感していただくことができます。
※施術直後は腫れや浮腫などが起こることがあるので、炎症が落ち着くにつれて効果を実感していただけます。
さらに、挿入した糸が皮膚の中でコラーゲンの生成を促進するため、施術後には徐々に肌質が改善されていき、より自然で若々しい肌を手に入れていただくことも可能です。

糸リフトの適用範囲と効果

糸リフトの図解

糸リフトは顔全体のリフトアップやフェイスラインの引き上げに有効です。
特に、頬のたるみ、ほうれい線、あごのラインの引き上げや引き締めなど、加齢による様々な肌の変化に幅広く効果が期待できます。
また、顔だけでなく、首やデコルテラインなど、シワやたるみが気になる部分にも効果的です。
年齢を感じさせないような若々しい肌や、自然にハリのある肌を手に入れたいという方は、糸リフトがおすすめです。

糸リフトで使用する糸の種類

立てて並べられているテスリフト

糸リフトに使用される糸には、体内で溶けるタイプと体内で溶けないタイプがありますが、eクリニックでは「溶けるタイプの糸」を使用しています。
eクリニックでは、テスリフトやボブリフトといった種類の糸リフト(糸)を使用しています。
テスリフトは、PDO(ポリジオキサノン)という安全性が高い素材が用いられており、皮下に挿入することで、時間とともに体内に吸収されていくという特徴があります。
さらに、挿入した周辺部位の繊維芽繊維を活性化することで、皮下細胞でのコラーゲン生成を促します。
この効果によって、皮下組織を物理的に引き上げるだけではなく、線維芽細胞の活性化による肌ハリ改善効果を期待することができます。

eクリニックでは、最新の糸リフト技術を駆使して、お客様お一人おひとりの理想に合わせた施術プランをご提案しております。
糸リフトの症例経験や実績が豊富な専門医が、カウンセリング(診察)やデザイン、施術、アフターケアまでを丁寧にサポートいたします。
安全で満足度の高い仕上がりをご希望の方は、ぜひお気軽にeクリニックまでご相談ください。

Type

糸リフトに使用されている素材

糸リフトに使用されている素材は糸リフトの種類によって異なります。
糸リフトの糸は大きく分けて「溶ける糸」と「溶けない糸」に分類されます。
世界中の流通状況を見ても、現在では「溶ける糸」が主流となっており、PDO、PCLという吸収性の素材が使用されています。

PDO (ポリデオキサノン)

PDOは、溶ける糸の中でも吸収されるスピードが速いのが特徴です。リフトアップの持続期間は個人差もありますが、6ヶ月〜12ヶ月となっています。肌の引き締め効果も期待できます。テスリフトはPDOでできていますが、特殊な形状をしているため、おおよそ2〜3年程度効果が期待できます。

PCL (ポリカプロラクトン)

PCLは柔軟性が特徴の「溶ける糸」です。
糸リフトにおいては、口元や目元など頻繁に動かす部分に使用され、ゆっくりと吸収されるという特徴があります。持続期間は24ヶ月〜36ヶ月といわれており、長期間リフトアップ効果を持続することが可能です。しかし、柔軟性があるぶん、動きの大きい部分では糸が緩みやすいという傾向があり、挿入部位を見極めて使用する必要があります。一般的に、PDOに比べて、リフトアップの効果が強いといわれていますが、テスリフトの場合、PDOで作られていますが、テスリフト自体が特殊な形状をしているため、持続期間が一般的なPDOの糸より長いです。

糸リフトのLINEバナー

人気の糸リフトのご予約はコチラから⇒

TESS LIFT

【テスリフト】3Dメッシュタイプの糸リフトとは?

テスリフトの説明バナー

糸リフトの中でも特におすすめなのが、3Dメッシュという構造を持つ「テスリフト」という糸リフトです。
テスリフトは、8本の細い糸がメッシュ状に編み込まれたような構成をしており、その中にあるバーブ(トゲ)がしっかりと組織を引き上げます。
また、テスリフトが皮下組織に挿入されることで、皮下組織の線維芽細胞が刺激され、コラーゲンやエラスチンといった美肌成分が生成されます。
さらに、テスリフトは、一般的な糸リフトとは違い、糸を折り返して挿入することが可能であり、引き上げる面積を大きく(広く)することができます。
この様に、テスリフトには従来型の糸リフトにはない様々なメリットがあり、より美しく洗練された仕上がりを希望する方には非常におすすめです。

recommendation

糸リフトはこんな方におすすめ

  • 頬のたるみが気になる
  • フェイスラインのもたつきが気になる
  • 顔全体のシワをなんとかしたい
  • ほうれい線やマリオネットラインが気になる
  • メスを使用せずにリフトアップしたい
  • バレずに若々しい肌を手に入れたい
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

糸リフトは、体への負担を最小限にしながら、自然で確かなリフトアップ効果を期待したいという方におすすめな施術です。
年齢と共にフェイスラインがもたついてきたという方や、頬のたるみが目立ち始めたという方、ほうれい線やマリオネットラインが気になるという方はもちろん、肌ハリや肌のみずみずしさを改善したいという方にも最適です。

糸リフトであれば、メスを使用せずに確かなリフトアップ効果を見込むことができますので、ダウンタイムのスケジュール調整が難しいという方であっても、翌日からメイクをして日常通りの生活を送っていただくことができます。

また、糸リフトには即効性がありますので、施術後すぐにナチュラルなリフトアップ効果を実感いただけます。
周囲にバレないような自然な効果を希望するという方にも非常におすすめです。

糸リフトのLINEバナー

人気の糸リフトのご予約はコチラから⇒

Point

eクリニックの糸リフトの特徴

【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

eクリニックの糸リフト施術では、糸リフトの経験豊富な専門医が、お客様お一人おひとりに合わせて最適な方法をご提案しております。
お客様の肌の状態や気になる部分、理想的な仕上がりによって、推奨できる糸の本数や挿入方法などは異なりますので、丁寧に診察をして、安心して施術を受けていただけるようにご説明させていただきます。

糸リフトの挿入テクニック

糸リフト挿入テクニック


糸リフトを挿入する際はお一人おひとりの骨格に合わせて効果が出るように工夫して挿入しています。例えばテスリフトの場合、皮下に挿入後、折り返す際に線で糸を挿入するのではなく、この図のように、カーブをつけながら挿入することによって、効果的に面で持ち上げる事ができるので、通常の入れ方より効果を高める事が可能です。

アフターケアの充実

アフターケアで美容外科に来院しているお客様

施術後のフォローアップとアフターケアにも、eクリニックは特に力を入れています。
万が一、eクリニックで糸リフトの施術を受けた後に、なにか気になる部分が出てきたという場合でも、適切な対応やケアをさせていただきますので、どうぞご安心ください。

Case

糸リフトの症例写真

糸リフトの症例写真
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
テスリフトの直後の状態
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
糸リフトの症例
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
糸リフトの施術前と1か月後の経過の症例写真
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
糸リフトを受けた女性の症例写真
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
糸リフトの手術前と手術後の症例写真
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
downtime

糸リフトのダウンタイム

糸リフトのダウンタイム表

糸リフトのダウンタイムはほとんどありません。※体質や施術範囲にもよります
腫れや浮腫み、内出血やつっぱり感などが1週間程度出ることもありますが、ほとんどの場合は軽症であり、時間経過とともに緩和していきます。
人によって(体質によって)は、内出血が続く場合もありますが、3週間程度かけてゆっくりと落ち着いていきますので、どうぞご安心ください。

リスク・副作用

副作用むくみ・内出血・熱感・違和感・だるさなどを生じることがあります。
糸で限られたポイントを引き上げるため、引き上げの度合いにより皮膚に凹みが生じることがあります。
異物を挿入するため、違和感、異物感や皮膚の突っ張り感、引きつり感を感じることがあります。
糸を入れた所が部分的に引っ張られすぎていると感じることがありますが、3か月程で馴染みます。
糸を使ったリフトは強く引き上げると皮膚に凹みを作ったり、余った皮膚が盛り上がったりすることを考慮して引き上げますので、糸のリフト効果には限界があり、結果が物足りなく感じるかもしれません。
また、施術後に糸のひっかかりが外れて、リフト効果が半減することがあります。
【ごく稀に起きることがある】
蕁麻疹・冷や汗・胸痛・アナフィラキシー・呼吸困難などを生じることがあります。
一般的な手術に用いられる吸収糸と同様の素材を使用しますので、糸の素材に対するアレルギー反応はほとんど報告されておりませんが、ごくまれにアレルギー反応が出ることがあります。
腫れ・痛み等【腫れ】
約7~10 日間程で目立つ腫れはひいていきます。内出血が強めに起こった場合は、
腫れが長引くこともあります。

【むくみ】
腫れがひいた後も浮腫みはしばらく続きます。時間の経過と共に落ち着き、1ヶ月程経つとスッキリとしてきます。

【内出血】
皮膚の下で出血し、頬など糸を通した部分が黄色や紫色になりますが、約1~3 週間で消失します。

【傷跡】
治療直後に部分的または顔全体に赤みが生じることがあります。
針痕が数時間赤く残る可能性がありますが、傷痕はほとんど残りません。

【痛み】
糸でのリフトアップになるので、なじむまでリフトアップした部位につっぱり感を感じます。
違和感や、軽度の痛みは1ヶ月程で落ち着きます。
注意事項当日はご自身の運転による車やバイクでの来院はおやめ下さい。
(目元に麻酔を使用しますので若干視界が悪くなります翌日までは運転をおひかえください)
貴金属・貴重品は持参しないで下さい(アクセサリーは外してきてください)施術中に左右が同じになるように確認しながら調整しますが、左右対称にはなりません。
また、腫れている間は腫れの程度が左右で異なるため、仕上がりよりも左右差が目立ちます。
なお、腫れとは無関係なもともとの左右差は解消できません。自身の運転による車やバイクでの来院はおやめ下さい。
(目元に麻酔を使用しますので若干視界が悪くなります翌日までは運転をおひかえください)
貴金属・貴重品は持参しないで下さい(アクセサリーは外してきてください)

Faq

糸リフトのよくあるご質問

糸リフトの持続時間はどれくらいですか?

糸の種類にもよりますが、糸リフトは半年~1年ほどかけて体内でゆっくり吸収されていきます。
吸収されても、線維芽細胞活性化による肌ハリ改善効果は期待できます。
また、継続して糸リフトの施術を受けていただくことで、効果の持続期間を延ばすことも可能です。

糸リフトがバレてしまう心配はありますか?

糸リフトでは、施術当日からメイクをしていただくことが可能ですので、施術による赤みなどはメイクでカバーできるレベルです。
※強い力を加えないよう十分ご注意ください。
また、施術後2〜3日は浮腫みが出ることもありますが、マスクなどで隠れる程度のものですので、施術が周囲にバレてしまうという心配はありません。
変化もナチュラルで自然ですので、美容整形が疑われるという心配も少ないです。

糸リフトの効果はどれくらいで実感できますか?

糸リフトの効果は即効性がありますので、施術直後からリフトアップを実感して頂けます。
また、施術から3週間ほど経過すると、徐々に線維芽細胞が活性化されていきますので、コラーゲンやエラスチンによる肌ハリ効果も実感いただけるようになります。

傷跡は残りますか

切るフェイスリフトに比べると、腫れることも少ないのが糸リフトの特徴です。
また、抜糸する必要もないため、ダウンタイムは比較的短くなっています。糸を挿入した部位には、小さな針穴が数日間ほど残ります。しかし、こめかみあたりの髪の中から挿入いたしますので、外見からは傷跡は見えないことがほとんどです。
個人差はありますが、腫れや痛みに関しては1週間〜2週間程度で落ち着いてきます。

糸は何本必要ですか

お客様のお肌やお顔の状態、そしてご希望により本数は異なります。カウンセリングにて医師と相談しながら本数を決めていきます。個人差がありますが、大体の場合片側4〜6本(両側8〜12本)を挿入する方が多くいらっしゃいます。

eクリニックでは、お客様が見た目のお悩みを気にせずに人生を楽しめる為のお力になりたいと考え、日々スタッフや医師の技術向上に努めています。また、お客様に安心して施術してもらえるように、保証制度も導入しております。お客様にご納得いただける施術を心がけておりますので、是非お気軽にご相談下さい。

Price

料金表

スレッドリフトプレミアム
(6本以下)(PDO)(PCL)
キャンペーン価格 ¥14,300(税込)
那覇院限定価格 ¥11,000(税込)
那覇院限定モニター価格 ¥8,800(税込)
スレッドリフトプレミアム
(8本以上)(PDO)(PCL)
キャンペーン価格 ¥13,200(税込)
モニター価格 ¥12,100(税込)
那覇院限定価格 ¥9,900(税込)
那覇院限定モニター価格 ¥7,920(税込)
VOV-lift premium(ボブリフトプレミアム)
(6本以下)
キャンペーン価格 ¥14,300(税込)
VOV-lift premium(ボブリフトプレミアム)
(8本以上)
キャンペーン価格 ¥13,200(税込)
モニター価格 ¥12,100(税込) 
TESSLIFT SOFT(テスリフト)PDO 3DMesh
(6本以下)
キャンペーン価格 ¥17,600(税込)
那覇院限定価格 ¥15,400(税込)
那覇院限定モニター価格 ¥12,320(税込)
TESSLIFT SOFT(テスリフト)PDO 3DMesh
(8本以上)
キャンペーン価格 ¥16,500(税込)
モニター価格 ¥15,400(税込)
那覇院限定価格 ¥14,300(税込)
那覇院限定モニター価格 ¥11,440(税込)
MINT LIFTmini S flex PCL + PLLA
(6本以下)
キャンペーン価格 ¥18,700(税込)
MINT LIFTmini S flex PCL + PLLA
(8本以上)
キャンペーン価格 ¥17,600(税込)
モニター価格 ¥16,500(税込)

Related Column 関連コラム

Doctor 沖縄の皆様へ。このページの監修医について

円戸統括院長

円戸 望 Nozomi Endo

e clinic 統括院長

経歴

略歴

  • 富山大学医学部医学科卒
  • 高岡市民病院(形成外科・麻酔科・皮膚科)
  • Fort Wayne Parkview 病院
  • 厚生連高岡病院
  • 金沢医科大学付属病院
  • 湘南美容クリニック新宿本院
  • 湘南美容クリニック新宿南口院
  • 湘南美容クリニック新潟院 院長就任
  • 湘南美容クリニック金沢院 院長就任
  • 2020年eクリニック金沢院開院
  • 大手美容クリニック修正手術技術指導医
  • 2021年eスキンクリニック開院
  • 2022年富山院開院
  • 2023年まぶたのクリニック開院(保険診療)
  • 2023年大阪院、東京院、名古屋院、岡山院、福岡院、那覇院、横浜みなとみらい院開院

無料カウンセリングのご予約はこちら